消費者金融系と銀行系カードローンの違いと注意点

カードローン融資を利用する時には、消費者金融系と、銀行系のどちらのカードローンにするかを決めておく必要があります。これらのカードローンにはどんな違いがあるのか、主なポイントについて整理をしていきたいと思います。消費者金融系カードローンは、銀行系カードローンと違って、総量規制の範囲内で融資をしなけれはなりません。借り入れ金の合計額が、年収の1/3を越えてはいけないという決まりを総量規制といい、貸金業法という金融業に関する法律で決められています。この総量規制は、主に消費者金融からの借入が対象となりますので、銀行からの借入や住宅ローン、マイカーローンなどは対象にはなりません。ただ、銀行カードローンが総量規制の対象外だからといって、年収の3分の1を大きく超えて融資が行われるかというと、そうでもありません。年収に対する返済金額の比率を返済比率といい、返済比率が高くなりすぎないことは、カードローンの審査では必ず確認している点です。規制の対象外といっても、最終的には銀行系のカードローンも、おおよそ年収の3分の1程度までの借入となるケースが殆どです。低金利で、利用限度額が高めになっていることが、銀行系カードローンを使う上でのメリットです。銀行系の金利は14%くらいであり、消費者金融系は18%程度の融資になりがちです。金利の差はとても大きいものといえます。限度額については、消費者金融系が最大300万円程度のところが殆どであるのに対し、銀行系では最大800万円や1,000万円という大きな限度額を設定している同じカードローンでも、消費者金融系と銀行系では違いがあるので、しっかり理解して上手に活用していきましょう。ルーナサプリでメリハリボディに!